七五三・成人式の記念写真は前撮り撮影でゆったりお得に。 只今ご予約受付中。 オイカワ写真館 oidio (宮城県登米市) 電話:0220-34-7707

oidio style メニュー

  • ウマレテハジメテ
  • お誕生日
  • 七五三
  • 入学・卒業
  • 成人式
  • ウェディング
  • ファミリー
  • その他

oidio blog

現実逃避タイム

メリークリスマス

・・・と言いつつ、いつものように残業中のoidioでございますが、そこはクリスマスイブ、いつもよりちょっと早めの現実逃避タイム。

ありがたいコトなんですけど、10月、11月、12月、そして年があけて1月は七五三、成人写真で日々残業。特に12月は、できるだけ多くのお客様に年内中に渡してあげたいというコトで、通常納期より短い期間で納品するため、もうテンテコマイ。

そんな毎日にひと時のブレイクタイム。それが現実逃避タイム。

昨晩も夜中の3時過ぎに

「小腹が空いたナァ」

と思った瞬間から現実逃避タイムがスタート。

 

誰かに聞かれたらマズイと言わんばかりの微かなノック音。

しかし今は夜中の3時。誰にも気づかれないのが不思議なくらい静寂の中にその音は響き渡る。

「こんな時間に誰が・・・。」

恐怖に震えながら、玄関ののぞき窓からoidioが外を見る。誰もいない。

「気のせいか・・・。」

激しい鼓動と異常なのどの渇きを落ち着かせるため、仕事場にコーヒーとタバコを取りに行き、それらを愉しむため改めて玄関から外に出る。

出た瞬間、何者かに口を抑えられる。

「しっ。」

声を上げようとするoidioの口によりいっそうの力が加わる。

それにしてもoidioを制止するために発したあの声、なんだか聞き覚えがある。そこで恐る恐る男を見る。

黒尽くめのスーツ姿にやはり真っ黒のサングラス、整髪料で後ろに流した髪は少しウェーブがかっていて、ところどころにわずかに白髪。

「た、・・・舘ひろし!!」

「しっ、お静かに。今、oidioさんのために炊き出しのご用意を。」

道路を挟んで向かいにある、真っ暗になった公園を目を凝らして見てみると、舘ひろし同様に黒尽くめの石原軍団がワタクシのために皆で炊き出し。

峰竜太も節を抜いた竹の筒を持って、額に汗を光らせながら火吹き係・・・

 

と、まあ昨晩の空想はここまで。

途中からあほらしくなり、

「もっと現実的で、建設的な現実逃避」

ってコトで、宝くじで当たる予定の3億円の使い道についてあれやこれや計画を立て始めるのでした。

2009年12月25日 (金曜日) 02:11
oidio

1219@GATI

12月19日は・・・

 

GATI-SANDI

 

『GATIで忘年会 』

【DATE】 2009.12.19 (Sat)

【OPEN】 18:00

【TICKET】 ADV/DOOR ¥2500/¥3000

【LIVE】 Dachambo

【GUEST DJ】 KAMATAN(PANGAEA
       JOJO(XMN)

【DJ】 VERB(Gspot/VERBSTORE
    KAZZ(Gspot/CAFE GATI)

【INFO】 CAFE GATI
     0220-52-2152
     e-mail : info@cafe-gati.com
     宮城県登米市登米町日野渡内の目320-1

 

楽しむべし!!

2009年12月18日 (金曜日) 01:53
oidio

sunday afternoon party

レポートにしてはあまりに遅い報告ですが、お許しを・・・

6日はGATIの「サンデーアフタヌーンパーティー」に行って参りました。

この日も前日同様、少々遅い時間からの参加でしたが、パーティーのコンセプトどおりイイ塩梅にゆる~くてヌル~い雰囲気。

スペシャルゲストのセッションが終わってちょっと経ったぐらいの時間だったみたい。

そのスペシャルゲスト、な なんとCRO-MAGNON & IZPON ご一行様(5日も経って、この言い回しもないよね、ホントすみません)!!

といっても、今回は冬休みに帰ってきた友人みたいに終始リラックスムードで、二度目のセッションも、4人のback to backも、ホント、黒間弐くんちで宅飲みしながら聞いてるようなカンジ。

シゲちゃんは相変わらず背筋ビシッとしてたけど・・・

前日のモアリズムじゃないけど、しんぼーたまらず、たくちゃん、IZPONがDJの音にあわせてギターをかき鳴らし始めたのには笑えました。

2009年12月11日 (金曜日) 00:51
oidio

日付は9日になってしまいましたが、5日、6日と続けて行われたGATIでのイベントの報告を・・・

 
まずは5日のMORERHYTHM LIVE at GATI

 

この日はどうしても酔っぱらう前にしておかなきゃならない仕事があって、仕事場を7:50に出発。

1セット目が7:30からスタートというコトで、

「せめて8:30からの2セット目だけでも・・・」

と車を走らせ、8:10にGATI到着。なんと1セット目の1曲目前に間に合っちゃいました。

後で聞いたところ、ほぼ予定通りに始まったのにもかかわらず、トークでその時間まで引っ張ってたとのこと。もしかしてオレ待ち?と勘違いしそうなほどの絶妙なタイミングで1曲目がスタート。

いやー、ハンパないっす。

4月にライブ行脚をスタートしてこの日で148本目のライブというコトが全てを物語るとおり、修練にも近いハードスケジュールをこなしてきた4人のステージングは、まさに完璧。

ナカムラ氏の少し嗄れた色気のある声、アントニオ氏の温かみのあるギター音。思い出すだけでもホント、トロけそう。

カントリー&ブルースには思い描くイメージのものの他にもう一つの側面があって、妻を寝取られたハナシとか恋人が列車に轢かれたハナシとか、本来ブルーなキモチになるものを笑い飛ばしちゃおうって歌がたくさん存在するんですが、モアリズムのステージはまさにそんなカンジ。

素敵なバラードでもしんみりせずハッピーなキモチになるし、<発する言葉に責任を持てない>悪魔のopen Gにチューニングをあわせた直後、「お前ら死ね、オレ以外みんな死ね!」と言われても、最後には大笑いしてハッピーにさせられました。

ライブ後のDJ SHIBASAKI BROTHESによる真っ黒い音もモロど真ん中。

朝まで聴いていたいキモチを抑え、まさに「more rhythm・・・」とばかりにナカムラ氏とピストン氏がDJにあわせてセッションを始めた頃、この日は帰宅。

そして翌6日・・・は次回というコトで。

昨夜のお月さま

IMG_2007

今年最後の満月なんだって。

12月の登米の月はハンパなくきれいです。

2009年12月03日 (木曜日) 17:30
oidio
1 / 212